すぐに誰でも実行できる秘策

国がブラック企業対策に本気になった

国のブラック企業対策が本気過ぎる件

2019年4月から、残業させ過ぎな会社に罰則が下ることになりました。

罰則

「6カ月以下の懲役」または「30万円以下の罰金」が科される恐れがあります。

※罰則を受けた場合、懲役や罰金ばかりでなく、程度によっては厚生労働省によって企業名を公表※

懲役ですよ、懲役。

国が定めた時間を超過して残業すると、お縄になってしまうようです。

超過時間についての定めは↓↓↓です。

2019年4月~ 超過労働についての定め

■ 原則として、月45時間、かつ、年360時間とし、違反には以下の特例の場合を除いて罰則を課す
■ 臨時的な特別の事情がある場合として、労使が合意して労使協定を結ぶ場合においても、上回ることができない時間外労働時間を年720時間(=月平均60時間)とする
■ 年720時間以内において、一時的に事務量が増加する場合について、最低限上回ることのできない上限を下記の通り設ける
(1)2ヵ月、3ヵ月、4ヵ月、5ヵ月、6ヵ月の平均で、いずれにおいても、休日労働を含んで「80 時間以内」とする
(2)単月では、休日労働を含んで「100時間未満」とする
(3)上記の特例の適用は、年半分を上回らないよう、「年6回」を上限とする

色んな期間で、罰則が規定されています。一番簡単な覚え方は「とにかく月45時間以上残業しない・させない」ですかね。


皆さんの会社では、話題になっていますか?

ウチの会社はかなりホワイトなのですが、エンジニアの派遣業務を行っている為、出向先から残業を強制されてしまうとヤバいです。

僕は営業部長のポジションに就いているので、各営業担当に「顧客から、どれだけ現場が大変だと言われても、担当エンジニアさんを月45時間以上残業させるな」と厳命しています。

逸脱してしまうと、請負契約の場合はウチの社長が、派遣契約の場合は顧客の代表が実刑を食らう可能性がありますからね。

ただ今回の施策は、ウチの会社のような人材派遣系の会社には、ビジネスチャンスです。

現場でトラブルが発生しても、残業でカバーすることが難しくなるので、人を増やすしかないんですよね。

人を増やすのは、顧客のためでもありますしね(顧客から見て、費用はかさみますが…)。

人材派遣系の会社で営業職に就いている方は、営業成績を上げるチャンスですよ!

仕事のスピードもアップさせて、さらに営業成績を上げよう↓↓↓

ABOUT ME
華麗なる社畜
30歳まで底辺プロミュージシャン。 全く売れず解散。 30歳から本格的にリーマン開始。 働きながら猛勉強の結果、 1年程で営業トップセールスとなる。 2社目の現在もトップセールス。 人事・総務部も支援し中小企業役員まで昇進。 ところが今更、 「労働力以外に商品を持たないリーマンは どこまで頑張っても社畜」 という悲しい事実にようやく気付く。 労働力以外の自分の商品を持つ為、 黒社畜救済情報の配信に思い至る。 (営業のみでなく、全業種への助言を配信中)