ブラック労働者を脱出する方法

40代のモノ売り営業職が、上手くIT絡みの無形商材売りに転職する方法【無形商材・IT営業職解説】

40代モノ売り営業職
40代モノ売り営業職

40代の転職は年齢的に難しいだろうか。
できれば無形商材の営業職に転職したいけど、形の見えない商品は難しそう…
IT業界など廃れなそうな業界に転職したいが、正直ITはよくわからない…

こういった疑問に答えます。

※この記事は、2分くらいで読めます。

僕はIT業界の人材派遣会社(IT系無形商材)に勤めていて、採用も担当しています。
40代の元モノ売り営業職の方も何人か採用しているので、この記事の信頼性は高いと思います。

40代の営業職が、転職できるかどうかがわかる

40代でも営業職の場合、転職は楽勝です。

なぜなら、どんな会社も稼ぐ必要があり営業部門を抱えなければならないので、営業職の募集は他の職種よりも多いです。

それに「営業職とは何か」を知らずに営業職になってしまう人が後を絶たないため、成績を上げられず辞めてしまう人も多く、求人はいつも多い状態です。

実際に登録して確認してみるのも良いと思います↓↓↓

MIIDAS(ミイダス)公式ページはコチラ

ミイダスの特徴は、
・登録カンタン
・自分の想定オファー年収(市場価値)が分かる
・希望条件にマッチした企業からのオファーしか届かない

でも募集は多くても、ブラック企業も多いんじゃない?

という疑問が浮かぶかもしれませんが、たしかにIT業界もブラック企業は多いですね。
ただ判別はカンタンで、転職前にその会社の営業さんと会わせてもらって根掘り葉掘り聞けば、ブラックかそうじゃないかは分かりますよね。

転職面接でも、「より確実に御社で稼ぐために、一度御社の中で活躍されている営業職の方に会わせて頂けませんか?」と言えば、相手の利害とお互いのリスクヘッジを考えられる人材と判断されるので、面接PRにもなり一石二鳥です。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

僕は実際に面接官をやっているときは、こういう「俯瞰視点」で考えられる人・言える人を優先的に採用しています

あ、ちなみにウチの会社に立候補してくれても構いませんよ(笑)
直近でも1名は営業職を増やせる状況なので、お問い合わせフォームから連絡頂ければ面接させていただきます(笑)
僕は営業部員でもあるので、ウチの営業部のいいところ悪いところも全てお話できます
詳細はここでは省きますが、ウチはIT開発・IT人材派遣を行っているウルトラホワイト企業です。

求人も多いので40代でも営業職の転職は楽勝。ブラック企業の見極め方は、転職前にその会社の営業職に会わせてもらうこと

無形商材の営業職への転職に対する不安が消える

無形商材の営業職は、実はモノ売りと本質的に同じです。
モノがあってもなくても、お客さんにお得感を想像してもらうという営業職の本質に変わりはないので、現在モノ売りの方も転職後の心配は無用です。

たとえばリンゴを売るにしても、赤くて丸いというリンゴの見た目を売っているわけではないですよね。
甘酸っぱくて美味しいとか、健康に良いという「見えない要素」をお客さんに想像してもらうことによりモノ売りも成立しているので、けっきょくモノが見えるかどうかはどうでもいい問題なんです。

でもモノがないと説明できないよ

と思った営業職の方は、今ホントウに「営業できているか」を考え直してみた方がいいかもしれません。
ちゃんとモノの「効用」を想像してもらえてますか?


モノだけ見せて「はい、買ってね」というのは営業職ではなく販売職です。
そういう仕事を今しているのであれば、営業職としての転職は難しいので、しっかり「商品の効能を教えて、お客さんにお得感を想像してもらう」という「営業職の仕事」を明日から意識しましょう。

無形商材の営業は、モノ売りと本質的に同じなので、今モノ売りの営業職として(販売員としてではなく)働けているのであれば、心配はまったく要りません

IT業界への転職に対する不安が消える

結局相手は人で、お客さんにお得感を持ってもらうという営業職の本質は同じなので、今モノ売り営業をできているのであれば、IT業界での営業職もまったく問題なくできます

システムの開発や、技術的な細かい部分の説明はエンジニアさんがやってくれるので、営業職は他の業種同様、仕事を取ってきたり予算や期限や全体的なリスクを調整するなどが仕事になります。
なので会話できる程度のIT知識があればOKです。

でも他の業界より、用語がわかりづらいよ。

たしかにそういう印象はありますね。
例えばIT用語のJava

Java(ジャバ)

狭義ではプログラミング言語のJavaを指し、広義ではJava言語を中心にしたコンピューティング・プラットフォームを意味する。後者はJavaプラットフォームと呼ばれる。

たしかに、サッパリ分かりませんね。
でも逆に、誰もが知っていると思っている、たとえばウサギとかでも

ウサギ(兎、兔)

最も広義にはウサギ目、狭義にはウサギ科、さらに狭義にはウサギ亜科もしくはノウサギ亜科 Leporinaeの総称である。

ウサギでさえ実は、まったく分からないと思いませんか?
結局ちゃんと売ろうと思ったら、みんなが知っているものでもちゃんと勉強しなきゃいけないんです。
なのでITだから難しいとか、見えるモノはカンタンとかいうことはあり得ません

IT業界だけ難しいということはなく、けっきょくお客さんにお得感を持ってもらう仕事、という営業職の本質は同じ

ご理解頂いたら、さっそく行動してみましょう↓↓↓

MIIDAS(ミイダス)公式ページはコチラ

ミイダスの特徴は、
・登録カンタン
・自分の想定オファー年収(市場価値)が分かる
・希望条件にマッチした企業からのオファーしか届かない

P.S.
本当に僕の会社にエントリーしてくれてもOKです。
面接練習代わりに使っていただいたり、営業職がどんなものか聞きたい、でも構いません。
IT業界の裏表、採用人事の裏表など、すべて詳しくお教えしますよ(^^)/

ちなみに僕はこんなヤツです↓↓↓

コンタクトを取ってみたい方はコチラへどうぞ↓↓↓