仮想通貨

仮想通貨のエアドロップとは【専門用語を使わず解説】

仮想通貨のエアドロップってなんだろう?

お得っぽい感じがするけど、リスクはないのかな?

こういった疑問に、できるだけ専門用語を使わずに解説します。

※この記事は、3分弱くらいで読めます。

2016年9月にビットコインを購入し、約50種類の仮想通貨(暗号資産)を持っているので、記事の信頼性はそこそこあると思います。

仮想通貨のエアドロップとは?

ちょっと仮想通貨に興味がある人は、「エアドロップ」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。
でも「エアドロップ」って結局なんなんでしょうか。

エアドロップ=ばらまきキャンペーン

とにかく詐欺事件の多い仮想通貨界隈なので、とりあえずなんでもかんでも警戒されている方も多いと思います。
そこで今回は、エアドロップがどういうものか解説しようと思います。
簡単に言うと、

エアドロップとは

無料の仮想通貨ばらまきキャンペーン

です。
基本的にオトクです。

エアドロップ情報はSNSで回っていたりするので、気になる仮想通貨の発行者をフォローしておいたり、仮想通貨ICO&エアドロップさんのようにエアドロップ情報を発信してくれている方をフォローしておくと良いです。

エアドロップで仮想通貨をバラまく理由

なんで無料でくれるの?

という疑問が浮かぶと思います。

なぜかと言うと、仮想通貨を渡すことによって知ってもらったり、サービスを使ってもらったりするためです。

あとは、どれくらいみんなが興味を持ってくれているか調べるためだったり、売り出してみたけどあまり売れず余ったからばらまく(笑)という場合もあります。

エアドロップの種類

エアドロップには大きく2種類あります。

①持っているだけで追加でもらえるエアドロップ
②申請するともらえるエアドロップ

という感じです。

①持ってるだけで追加でもらえるエアドロップ

これが楽だし得しかないのでオイシイです。

もってるだけエアドロップの例

2017年8月に、ビットコインが分裂(フォークみたいに枝分かれしたので、そのまんまフォークと呼ばれています)しました。

このときビットコインを持っていた人は、同じ量のビットコインキャッシュという新たに生まれた仮想通貨をタダで、受け取ることができました

そのあともビットコインはたびたび分裂し、そのたびにビットコインリザやビットコインダイヤモンドという正直よくわからない?(笑)仮想通貨ももらえました。

あとはsteller(ステラー)とかbyteball(バイトボール)という仮想通貨なんかは、持っているだけで同じ通貨を追加で貰えたりしました。

steller(ステラー)を購入できる取引所 BINANCE(バイナンス) 公式ページ

byteball(バイトボール)を購入できる取引所 bittrex(ビットレックス) 公式ページ

エアドロップされる時期に、発行者が決めた取引所やインターネット上の財布(ウォレット)に保管しておけば、勝手に仮想通貨が増えるというオイシイキャンペーンです。

自分で申請してもらうエアドロップ

まずはその通貨の財布をインターネット上で作ります。
で、「くれ」と申請すればもらえる場合と、SNSで宣伝を手伝ったりすることでもらえる場合があります。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

僕も以前「クラッシュロワイヤルコイン(略:クラロワコイン)」というのを作ってみたので、欲しい方はお問い合わせから「クラロワコインくれ」とご連絡頂ければ差し上げます。
今は価値ゼロですけど(笑)

仮想通貨をエアドロップで受け取るリスク

とは言え「これでもか」というくらい(笑)詐欺事件の多い仮想通貨界隈なので、エアドロップにリスクはないのかなーと思う方は多いと思います。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

僕も額に汗もせずタダでもらえる訳ない(社畜思考 笑) 、なにかリスクがあるんじゃないか?と思ってました。

金額的なリスク

いろいろ試しましたが、リスクなかったです。
普通にもらえました。

ばらまかれるときは、その仮想通貨には価値がないことが多いので、リスクないのも当たり前と言えば当たり前ですかね。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

stellerやbyteballは、価値がついてからもエアドロップが行われていたのでオイシかったですが、当時僕は怪しんで手を出せませんでした(後悔)

エアドロップで詐欺られるリスクはある?

基本的にないんですが、個人情報漏洩には注意してください。

詐欺られるリスク

①財布の秘密鍵(他人に知らせてはいけないパスワード)を教えてしまう

②他の偽サイトに誘導されてパスワードを抜き取られる「フィッシング詐欺」

③住所所在地、パスポート、免許書のコピーなど個人情報を求められ、リスト集めに利用される

④エアドロップを受けるための財布にウィルスが仕込まれている

①の秘密鍵は絶対だれにも教えちゃダメです。
これはエアドロップのときだけじゃなく、いついかなる時も「自分だけが知っている」という状況にしておくことが必須です。

②と③は、仮想通貨だけじゃなくインターネットでのやり取り全般の注意事項ですね。

④はあまりないことなのでそこまで気にする必要はありませんが、エアドロップを受け取るときはその仮想通貨をググってみて、怪しい情報が出ていないかチェックするようにした方が良いです。

お得でリスクのない仮想通貨のエアドロップ

秘密鍵含め、個人情報を送らなくても良いエアドロップ

であればリスクはありません。

でも、すべてのエアドロップがお得かどうかはちょっと別問題でして。
というのも、エアドロップは基本「これから売り出していくぞー」という仮想通貨のばらまきキャンペーンなので、値段が上がってくれない仮想通貨もめちゃくちゃ多いからです。

たまにエアドロップ前に話題になる仮想通貨があるので、そういう仮想通貨のエアドロップは積極的に狙っていくと良いと思います。

エアドロップで貰った仮想通貨に価値が出たら、取引所で売ったり他の仮想通貨に交換できますよ(^^)/

まだ仮想通貨を持っていないなら、とりあえず【GMOコイン】あたりで口座開設してみましょう。

GMOコイン 公式サイトで登録

ビットコインなど仮想通貨を既に持っている方は、取引銘柄が多く手数料の安い、世界一の取引所 BINANNCE(バイナンス)も開設してみると面白いと思います。

参照記事:BINANCE(バイナンス)がおすすめな理由を専門用語を使わずに解説

BINANCE(バイナンス) 公式サイトで登録

華麗なる社畜
華麗なる社畜

今回は以上になります!
儲かる(かもしれない)仮想通貨ライフを楽しんでください(^^)/