仮想通貨

仮想通貨取引所:BINANCE(バイナンス)がおすすめな理由【専門用語を使わずに解説】

(日本の仮想通貨取引所は取扱い銘柄少ないから、取扱い銘柄の多い海外取引所を使ってみたい)

海外の取引所は、BINANCE(バイナンス)がおすすめってよく言われているけど、なんでなんだろう?

という疑問に、専門用語を使わずにお答えします。

※この記事は、4分くらいで読めます。

筆者は2016年9月から仮想通貨取引を行っていて、BINANCE(バイナンス)もオープン当初から利用しているので、記事の信頼性は高いと思います。

BINANCE(バイナンス)をおすすめする理由

華麗なる社畜
華麗なる社畜

僕のイチオシ海外取引所はBINABCE(バイナンス)です。

おすすめ理由を4つにまとめました。

おすすめ理由1: 取引手数料が安い

華麗なる社畜
華麗なる社畜

1回1回は少額でも、手数料は安いに越したことはありませんよね。

1回の取引にかかる手数料は、BINANCE(バイナンス)は0.1%です。
他の取引所は0.2%以上が多いので、BINANCE(バイナンス)はかなり手数料が安いです。

その上、BNB(バイナンスコイン)というBINANNCE(バイナンス)が発行している仮想通貨を少しでも持っていれば、手数料はさらに半額の0.05%になります。

手数料の安さで選ぶなら、BINANCE(バイナンス)

手数料が安いBINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

おすすめ理由2:取引量が世界トップレベル

BINANCE(バイナンス)は2017年7月に開業してすぐに大流行りしました。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

たしか、2017年内に世界最大の取引量まで成長してたと思います Σ(・□・)スゴい

以降、BINANCE(バイナンス)の日々の取引量(売り買いされる回数・金額)はずっと世界トップレベルです。

取引量が多いと、何かイイことがあるの?

取引量が多いというのは、日々の売り買いが多いということなので、仮想通貨を買いたい・売りたいと思ったときに取引が成立しやすくなります

仮想通貨を買いたくても、そのとき売ってくれる人が取引所にいなかったら買えませんもんね。

なるほど!それは確かに大事だね

BINABCE(バイナンス)は世界トップレベルの取引量があるため、売り買いが成立しやすい

取引量が多いBINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

おすすめ理由3:セキュリティレベルが高い

取引量が多いということは、ハッカー(泥棒)から見ると「一気にたくさん盗める」ということなので、BINANNCE(バイナンス)も含め大手の取引所はハッカーに狙われやすいです。

でもBINANCEは、2019年5月までは一度もハッカーに仮想通貨を盗まれていませんでした。

2019年5月7日に初めてBINANCE(バイナンス)の仮想通貨が盗まれてしまいましたが、大部分の資産はガッチリ守っていたため、被害額はBINANCE(バイナンス)の資産のうちの2%、44億円に留まりました。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

取引規模はBINANCE(バイナンス)より小さいのに580億円盗まれてしまったCoinCheck(コインチェック)に比べると、 BINANCE(バイナンス)のセキュリティがいかに高いかわかりますね

また次章で解説しますが、BINANCE(バイナンス)は盗まれてしまったあとの対応もカンペキでした。

BINANCE(バイナンス)はセキュリティレベルも非常に高く、安心

セキュリティレベルが高いBINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

おすすめ理由4: 盗難への備えと、実際盗まれてしまった時の対応が神

BINANCE(バイナンス)はイザというときのために、手数料利益の10%をSAFU基金というところに貯めていました。

5月7日に盗まれた分は、SAFU基金から補填されたとのことです。

また、事件後すぐにBINANCE(バイナンス)のCEO(エライ人)が会見し即時対応を表明していました。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

これまた日本の取引所とはエライ対応の違いですよね。
日本の代表者マジで情けない…(-_-;)

さらにBINANCE(バイナンス)は、お騒がせしたお詫びとして、一定以上ビットコインを預けている人に総額1億4千万円分の仮想通貨を振る舞うキャンペーンを、盗まれた直後に打ちました(!!)。

この施策によって、BINANCE(バイナンス)に預けているビットコインが一定数にちょっと足りない人は、他の取引所からビットコインをBINANNCE(バイナンス)に移しますよね。

⇒BINANCE(バイナンス)の取引量がさらに増える
天才的な経営手腕…

この事件で、BINANCE(バイナンス)は評判を下げるどころか、好感度を上げたうえ取引量増加まで成し遂げてしまったのです。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

天才的な経営!
かつ顧客第一主義を貫いていますね 。
心の底から、日本の取引所経営陣は見習ってほしい…

ビットコインを盗まれたが、むしろこの事件で「BINANCE(バイナンス)は信頼できる取引所」ということがより世間に知れ渡った

神対応:BINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

BINANCE(バイナンス)の魅力

前章までで、BINANCE(バイナンス)がおすすめな理由はお分かりいただけたと思います。
この章では、他にもBINANCE(バイナンス)の魅力があることを解説します。

BINANCE(バイナンス)の魅力1:デビュー直後の仮想通貨もすばやく取り扱う

仮想通貨投資に慣れてくると、注目されているデビュー(上場)直後の仮想通貨を買ってみたいと思うようになると思います。

日本の取引所ではいっさいないことで残念ですが、BINANNCE(バイナンス)は積極的に、デビュー直後の仮想通貨を取り扱い、売り買いできるようにしてくれることが多いです。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

BINANNCE(バイナンス)で爆上げ可能性のある有望仮想通貨をGETしよう!!

デビュー直後も取り扱うBINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

BINANCE(バイナンス)の魅力2:仮想通貨が分裂する時も積極的にサポートする

これも若干中級編な話題ですが、仮想通貨はたまに分裂(フォーク)することがあります。

分裂?んなアホな(笑)

と思われると思いますが、仮想通貨界隈ではわりと頻繁に起こります。

なんで分裂するかというと、仮想通貨の取引を承認している人たちの意見が決裂すると、「オマエラとはいっしょにやってられんッ」ということで新しい仮想通貨を作っちゃうんです。

そのとき、持っている元の仮想通貨と同じ量だけ、分裂した仮想通貨をもらえることが多いのですが、日本の取引所に預けておいていてももらえないことがほとんどです。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

取引所が着服しているのかなぁ???

でもBINANCE(バイナンス)は誠実に、ちゃんと預けている人に分裂した仮想通貨を付与してくれます。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

こういう地道な対応が、信頼を集めることになるんですよね

分裂サポートばっちり:BINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

BINANCE(バイナンス)の魅力3:画面がサクサク切り替わる

けっこう地味な話ですが、BINANNCE(バイナンス)は画面の切換がサクサク進むので、ストレスを感じないんですよね。

意外と、BINANNCE(バイナンス)ほどサクサク動く取引所って、すくないんです。

いつも使うことを考えると、サクサク動くかどうかはけっこう大事なポイントだね

サクサク動くBINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ

BINANCE(バイナンス)の魅力4:CEO(エライ人)が親日

バイナンスのCEO(エライ人):チャオ・チャンコンさんは親日家としても知られていて、 2018年7月に西日本が豪雨被害にあったときには、下記のようなメッセージを発信していました。

私たちの心は西日本の被災者と共にあります。
Binanceは、BNB、BTCまたはJPYで1,000,000ドル相当の寄付を行います。
また私たちは我々の仮想通貨パートナーに対して、助けを求めている友人たちを共に支援するように呼びかけています。

なんだかちょっと、心情的にもBINANCE(バイナンス)をより好きになってしまいますよね(笑)。
経営戦略としても上手いと思います。

CEO(偉い人)チャオさんのTwitterはコチラ
英語が読める人はフォローしてみてはいかがでしょう。

華麗なる社畜
華麗なる社畜

いかがでしたでしょうか。
はじめての海外取引所開設は、BINANCE(バイナンス)一択なんじゃないかと思います。

BINABCE(バイナンス)を開設して、楽しい仮想通貨LIFEを!!

BINANCE(バイナンス) 公式ページはコチラ