ブラック労働者を脱出する方法

面接に落ちたそこのあなた!営業職への転職のコツは1つだけ!

営業職に転職したいけど、面接でなにをどう話せば受かるんだろう?

面接で言っちゃいけないこともあるのかな?

こういった疑問に答えます。

※この記事は、3分くらいで読めます。

僕は今回ご紹介するコツを使って、新卒時を含めて面接を受けた6社全てに受かっています。現在は逆の立場で採用面接も行っているので、この記事を信頼していただいて問題ないと思います。

営業職への転職面接で、受かるコツはコレだけ

面談での受け答えの事例や、聞かれることをズラーっと書いているサイトがありますが、ハッキリ言って見る必要ありません。
むしろよけいなことを考えすぎてしまって、うまくいかなくなったりします。

営業職への転職面接で、抑えておくべきコツはたった1つです。

コツはズバリ「必ず稼ぐ」と伝えることです

営業職の仕事をひとことでいうと、何でしょうか?
この答えが全てなのですが、「営業=稼ぐ仕事」なので、面接官に稼げると思われれば受かります。
本質はこれだけです。
非常にシンプルですね。

具体的には、「入社1ヶ月で、自分の人件費は稼げるようになるつもりです。そのための方法としては、御社のデキる営業さんの手法をとにかくマネしまくります」

とこんな感じで、期限に1ヶ月など数字を入れて具体的に、稼ぐ意思と稼ぐ方法を伝えれば受かります。

でも、「1ヶ月で稼げるようにならなかったらどうしますか?」と聞かれたらどうするの?

という反論というか質問があるかもしれませんが、僕の場合は「その時考えます(ニコ!笑)。ただ、稼げている先輩を徹底的にマネれば、稼げるようになると思います」と回答して全て受かっているので、これで問題ないと思います。

また、現在僕は面接官の立場ですが、↑こんな風に回答した方は全員採用していますので、間違いなくいけると思います。

もしこの回答で面接官が納得しなかったら、逆に「稼げている人をマネても稼げないケースは、今までにありました?」と聞いちゃいますね。

極端にいうと身長2mないと売れないとか(笑)、数論幾何学を極めていないと売れないとか(笑)、特殊な素質・経験がないと売れない商品であればお手上げですからね。
普通はそんなことないのでご安心ください。

面接では、稼ぎますということをできるだけ具体的に伝えるだけでOKです。


P.S.
入社後は当然、ホントにデキる社員をマネしまくってすぐに稼げるようになってくださいね(^^)/

面接を99%合格するための魔法のひとこと

前章の「稼ぎます宣言」に加えて、コレを伝えれば面接は99%受かります
ぜひ使ってみてください。

面接時「実際に現在の御社のデキる営業の方に、10分とかでもいいので入社前に会わせて頂けませんか?」と伝えてみてください。
これでほぼ100%受かります

なんでかと言うと、面接官に「この人はホントに稼ぐ気がある人だな」と思ってもらえるので、あなたの信頼度が↑UP↑するんです。

本当にデキる社員に会えたら、その時弟子入りしてしまいましょう。
一石二鳥です。

キラーフレーズ【本気で稼ぐつもりなのでデキる社員さんに会わせてください】

※面接の前に、まず履歴書の「志望動機の書き方」を知りたい方は、こちらからどうぞ。

転職面接で言ってはいけないことがわかる

いろんなサイトで「面接ではアレ言っちゃだめコレ言っちゃダメ」といろいろ書いてありますが…別に読んで損はありませんが、マジメに全部読む必要はまったくありません(笑)。
本質だけ理解すればOKです。


単純に「言うべきこと(稼ぎます)」の逆で、稼げなそうと思われたら落ちます。
これだけです。

理由は繰り返しになりますが、営業とは稼ぐ仕事だからです。
それ以上でも以下でもない、シンプルな真実ですね。

具体的には、例えばあなたが年収500万円を希望しているとすると、500万円を1.5~2倍した750万~1,000万円が、会社から見たあなたの人件費になる会社が多いです。
なのでこの場合採用担当者は、あなたが年間で1,000万円以上稼ぎそうな人かどうかを最低ラインとして、観察しているということです。

なので、実際の受け答えとしては「1ヶ月以内に自分の人件費は最低稼ぎます。そのために御社のデキる営業さんをパクります。デキる営業さんと会わせてください」が正解になるわけですね。

といった感じで、採用担当側の目線に立ってみると、より「どう面接を受ければ良いか」が見えてくるのではないでしょうか。

でも、そんなに稼げなくても、他のことで会社の役に立てばいいんじゃないの?

という反論があるかもしれませんが、それは例えば経理担当者が「会社の帳簿ひとけた間違えちゃったテヘペロ♪ でも他のことで会社の役に立ってるからいいよね」と言っているのといっしょなので(笑)、よくないですよね。

まずは営業職としての自分のミッションを最低限しっかりやって、余力があれば他のことで会社の役にも立って、ガンガン昇給をPRしましょう(笑)

人件費分も稼げなそうだな、と思われないように受け答えしましょう。

※参考記事:営業職に転職したあと、うまく行くかどうか事前に診断できます

面接のコツをつかんだら、忘れる前にすぐ転職サイトに登録 ↓↓↓ 得た知識は使わないと意味ないですからね。

アイデムスマートエージェント 公式サイトで登録してみる

アイデムスマートエージェントの特徴は、
・40年以上になる人材業界の老舗であり、首都圏を中心とした25万社以上とのお取引実績
・求職者の資質や志望に対し、厳選して案件を紹介するスタイル
・25~35歳、初めての転職に特にオススメ

MIIDAS(ミイダス)公式サイトで登録してみる

ミイダスの特徴は、
・登録カンタン
・自分の想定オファー年収(市場価値)が分かる
・希望条件にマッチした企業からのオファーしか届かない

キャリアスタート 公式サイトで登録してみる

キャリアスタートは未経験者歓迎の求人が多数あるので、いま現在フリーターで早く正社員になりたいという人や、学歴や職歴に自信がないという方にもおすすめのエージェント。
・3年連続エージェントランキングで表彰
・サービス利用者の累計実績は延べ1万5000人以上
・ユーザー満足度調査において高得点を得ている(平均値の1,5倍から2倍)