すぐに誰でも実行できる秘策

仕事がデキナイヒトの特徴②【ココさえ直せばデキる人になれます】

デキナイヒトの特徴

結論から申し上げます

デキナイヒト=問題解決後の自分をイメージできない人

これだけです。

社内で活躍出来ず、評価されない(そして活躍したい・評価されたい)と思っていらっしゃる方は、極端な話ココだけ解決すればデキる人になれます。

どうやれば良いのか

これまた結論から

努力終了後の自分(到達点)と終了時期をイメージしながら、日々努力をすればOK

デキナイヒトは、とりあえず見つけたメソッドをちょっとやってみたりして、「ちょっとやって変化が表れないからやめる」というもったいないことをしてしまっています。

なぜやめてしまうのか、それは努力完了後の自分をイメージしていないからです。

実際にやってみましょう

【1ヶ月でバッチリ】5W1Hをマスターする方法 https://www.youtube.com/watch?v=CoylGV7_DYM ※動画で勉強したい方は↑↑↑コチラ ...

以前書いた、「1ヶ月で5W1Hをマスターする方法」です。

5W1Hがまだ甘いな、と思う方はやってみてください。

書いてある通りやれば、1ヶ月以内に自分の中に5W1Hが落とし込まれます。

しかしデキナイヒトは、ここまで書いても1か月後の自分の姿をイメージせずにちょっとやってみて、すぐやめてしまうのです。

まず、「5W1Hを使いこなせるようになって、相手から【何言ってるかわかんない】という視線を向けられなくなったカッコいい自分」を想像してください。

そういう自分になりたいと思いましたか?

思った方は、脳に何か特別な疾患がない限り必ずなれます。

思わなかった方は、「何言ってるかわからないと言われ続ける人生でOKと思っているヒト」なので、当然途中で挫折します。

そういうことです。

当たり前の話ですが、「なりたい自分にはなれる」し、「なりたいと思っていない自分にはなれない」のです。

現代は情報が氾濫し過ぎているので、ボーっとしていると、なりたいと思ってもいない自分になるための努力を「情報に流されて」無意識に試してみてしまったりします。

それは無駄なのでやめましょう。

まずは「なりたい自分」をしっかりイメージする癖を付けましょう(^^)/