労働力以外の商品を持とう

コンテンツ作成のコツ【厳選4つ】

※動画で学びたい方は↑↑↑コチラ

1. 趣味を「稼げる形に変えられるか」考えてみる

趣味を楽しみのためだけではなく、商品にして売れるようにしたいですね。

今はブログやYouTube、インスタグラムやNOTEなど、発信する為の媒体は沢山あるので、趣味を発信して楽しみながら稼げたら一石二鳥です。

https://www.youtube.com/watch?v=4Mnp9XxqZg4(芸人:ヒロシさんのキャンプ動画)

淡々とキャンプを行う動画で50万再生…!!!
 
趣味を見事にコンテンツ化されてますよね。
 
素晴らしいオプティマイザーですね。

オプティマイザーとは

「せっかくだから趣味も楽しみながら稼ぎの柱にもしちゃおう」

というように、無駄なく効率化を考えられる人を【オプティマイザー】と呼びます。

時間に対して効率良く投資するのがオプティマイザー、とも言い換えられます。

常にオプティマイザー思考を持ち続けたいですね

2.「無料のモノ」に値段を付けて売れないか考える

「安く仕入れて高く売る」

まあ商売の基本ではありますね。

その究極系「無料で仕入れて高く売る」

実現出来たら最強ですね。

具体例

例1:山で登山家に綺麗な草花取って来てもらって、それを和食屋に卸す(料理の脇に添えてある草花用)

例2:流木を拾ってきて高級ホテルなどに売る(高級ホテルなどに、趣ありそうに置いてあるあの木です)

例3:石ころをパワーストーンとして付加価値を付けて売る

というように、

【無料で仕入れられるものに付加価値を付けられないか考える】

【自分にとっては無料だけれども、相手にとっては価値のあるもの同士を交換する】

この辺りを日々考えていれば、効率良い独自商品をいつか作れるかもしれません。

3.市場に「価値」を提供出来ているか、考える

ギャンブルや宝くじや、あとはFXなんかも、悪い事だとは思いませんが、「市場に価値を提供し、その対価としてお金を得る」と言う資本主義のルールに則っていないので、基本的には自分の商品とはなりませんし、運勝負になってしまいますよね。

こういうものには手を出さず、自分の商品を作る為の努力をちゃんと継続した方が、良いと思います。

【先に市場に価値を与えた人が、対価を得られるルール】という覚え方でも良いかもしれませんね。

4.別の要素を取り入れる

例えば花火は「すぐ消える儚さ」が魅力の一つですよね。

これを、基本的に消えない媒体であるブログなどに敢えて取り入れると「1ヵ月限定で消えるブログ」「ブログ読者へブログタイトル入りのケーキを贈ります」など新しいサービスを考える事が出来ます。

上記サービスはとりあえず例として考えたものなので、採算取れなそうですが、こういう思考を続けていれば、いつか人と違う自分のコンテンツを作り出せそうですよね。

5.まとめ

ポイントは4つ!

1.趣味で稼ごう!

2.無料のモノを有料化して売ろう!

3.市場に「価値」を提供出来ているか考えよう!

4.別の要素を取り入れる癖を付けよう!