すぐに誰でも実行できる秘策

てっとり早くレベルアップし、社内評価を安定化するコツ

今日のテーマは、「てっとり早くレベルアップし、社内ポジションを安定化する方法」です。

学生・新卒さん
そんな便利な方法が本当にあるの? 教えて!!

先に答えを言います。「同じ部署のデキる社員の仕事を一部、代わりにやってみる」です。

学生・新卒さん

他の人がやっていることをやるだけなら、実行できる気がします!!詳細を教えて下さい!!

※動画で学びたい方は↓↓↓コチラ

こんな方にオススメの方法です。

新卒の方や社歴の浅い方、会社での評価が低い方は

 
仕事のやり方がわからない

 
仕事の全体像が分からない

 
この仕事何の為にやってるんだろう

というように感じる事が多い、とよく聞きます。

そんな状態なので

先輩や上司からやれと言われたことを分からないながらも嫌々やり・・・

モチベーションも上がらないので成果が上がらずまた怒られる…

というような負のスパイラルに陥ってしまっている方も、多いのではないでしょうか。

 

そういう方へ、「デキる社員の仕事を一部、やってみること」をオススメします。

次章をよく読んでいただき、社内で安定したポジションをサッサと確立しちゃいましょう(#^.^#)

同じ部署のデキる社員の仕事を一部、代わりにやってみる

これで仕事上の悩みが、最短ルートで解決します。

 

自分の仕事すら満足に出来ない状況でそんな事をしても、無駄なのでは?

と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、そうではありません。

とにかくまずは、お手伝いをしたいなどと申し出て、デキる社員の仕事を一部、やらせてもらいましょう。

そしてその経緯・結果をそのデキる社員本人に報告するのです。

 
そうすると、何が起こるでしょうか?

デキる社員を手伝うことのメリット

デキる社員はその仕事の本質を良く知っているので、基本的に効率良く仕事をこなしています。

その仕事を手伝うことで、アナタはデキる社員から「アナタの仕事のどこが効率的で、どこが非効率か」アドバイスを貰う事が出来ます

つまり

アナタはデキる社員を手伝うことで「アナタの仕事のやり方を、デキる社員に真剣にレビューしてもらう」権利を得るのです。

デキる社員に効率良い仕事のやり方を教わったら、自分の次の仕事でそのまま活かせばよいのです。

 

デキる社員の仕事術を、一番無駄なく、感謝されながら盗める方法というわけです。

デキる社員は、時間の余裕も持っているので(いつも仕事に追われている社員は、デキる社員ではありません)意外と親身になってアドバイスをくれますよ。

 
なるほど!そうやって自分の力を伸ばして行けばいいんですね!!

具体的に、どうやるか(例:営業の場合)

 
会社や部署によって、仕事の進め方は違うと思いますが、一般的な「営業職」の場合のやり方を少し解説します。

まず、デキる社員の打ち合わせに同行させてもらえるようお願いします。

(なんの打ち合わせでも構いませんですが、できればお客さんとの打ち合わせなど、成績に直結する打ち合わせが望ましいです)

!!重要!!

ただ同行するだけではなく、打ち合わせのためにデキる社員が何を準備しているか聞いて、資料作成などの準備を一度、代わりにやらせてもらって下さい。

打ち合わせ自体は、デキる社員がいつも通り、相手と話すのを聴くだけでOKです。

 
しかしこの時、アナタの脳内では凄まじい変化が起こっています。

というのも、アナタは資料を作るときに「自分ならこの資料を使ってどう打ち合わせをするか」を、自覚はなかったとしても無意識に考えています

一方デキる社員は、アナタが作った資料を使いますが、アナタの想定と違う方法で説明をするでしょう。

資料を作ったアナタだけには、「自分とデキる社員の、打ち合わせのやり方の違い」がよく見えるんです。

 

そうすると、デキる社員がどう説明しているのか、実感として理解でき、また自分の説明のどこが良くなかったのかわかるので、だんだんデキる社員と同じような説明ができるようになるのです!!

 
オオオ!最初は魔法のように聞こえましたが、根拠を聞いたらなるほどと思いました!!

デキる社員と親密になれるのも、大きなメリット

仕事がデキる社員は、評価されていて待遇も良いので、基本的に心の余裕のある方が多いです。

また、デキる社員も最初からデキたわけではなく、試行錯誤していた時代はもちろんあるので、仕事が思うようにいっていない人の気持ちを理解している人の方が多いです。

 
アナタが謙虚な気持ちで近付けば、親切にしてくれたり、仲良くなれる可能性が高いのです。

また、デキる社員の仕事を手伝うことによって、先日ご紹介した【返報性の原理】にも期待できます。

デキる社員に返報性の原理が働くことのメリットは、想像に難くないと思います。

(返報目的で手伝いするのはダメですよ)

 
デキる社員と仲良くなっておいて損することは、まずありません。というより、ハロー効果も得られるので、ほぼ得しかありません。

ハロー効果についてはコチラ↓↓↓

これは絶対に読むべき良書です。

まとめ

 

仕事ができない、評価されないと悩んでいる方は、デキる社員の仕事を一部手伝いましょう

するとデキる社員から直接、効率良い仕事のやり方をレクチャーしてもらえる上、やり方を覚える速度・精度が劇的に上がります

さらに、デキる社員を味方に付ける事ができ、且つ返報性の原理やハロー効果がどんどんついてきます。

そうなれば、アナタ自身が「デキる社員」になるのは時間の問題です。

学生・新卒さん・悩んでいる社会人さん
これで社内の立場は安定! 無駄な残業もしなくて済むようになるんですね! 今日から試します! ありがとうございました!

 

サッサと社内での立場を確立し、社内ですり減る割合を減らし副業に注力するなり、充実した人生を手にしましょう!

ABOUT ME
華麗なる社畜
30歳まで底辺プロミュージシャン。 全く売れず解散。 30歳から本格的にリーマン開始。 働きながら猛勉強の結果、 1年程で営業トップセールスとなる。 2社目の現在もトップセールス。 人事・総務部も支援し中小企業役員まで昇進。 ところが今更、 「労働力以外に商品を持たないリーマンは どこまで頑張っても社畜」 という悲しい事実にようやく気付く。 労働力以外の自分の商品を持つ為、 黒社畜救済情報の配信に思い至る。 (営業のみでなく、全業種への助言を配信中)