初心者 株・FXトレード

【エリオット波動とトレンドラインさえ使えれば無敵?】基礎講座と応用講座<FXトレード102>

FX歴半年の若造のくせに、YouTubeでFX解説動画を始めましたw

動画撮るのがおもしろくて、動画に注力しているためブログの更新は遅れ気味です。

今回は、動画講座の補足をココで行ってみようと思います。

動画を見ながらこのブログを読むと、ちょっと面白い(?)んじゃないかなと思います。

基礎講座動画【エリオット波動とトレンドライン】

2:30 くらい 【ブレイクアウト手法の活用方法】
ブレイクアウト手法は、1つ上の足で行うと良いと思います。
4時間足でトレードしている人であれば、「日足でブレイクアウトしたら、4時間足に落とし、日足のブレイクアウト方向へエントリーする」というのが、勝率を上げるための良策かと。

3:00 くらい 【押し目買いの定義】
トレンドが発生する前の押し目・戻りで「押し目買いだ・戻り売りだ」と騒いでいるw解説が多くありますが、これはただのギャンブルだと僕は思っています。他に分析根拠があればもちろん問題ありませんが、他の根拠がないのに押し目買い戻り売りと騒いでいるw人達が多いので、強めに解説しました。

5:30 くらい 【なぜチャート分析で稼げるのか】
ここら辺は相場の原理原則の話ですね。「未来のことなんだからチャート分析は無意味無意味」と仰っている方々は、この原理原則を理解出来ていないのでは?と僕は考えています。未来のことは当然分かりませんが、人はその未来に向けて【過去から現在】にトレードしているので、その傾向と統計を分析すれば、5割以上は当然先を予測できます。リスクリワードさえ1:1以上(常にリワードの方を高くしてトレードするということ)に保っておけば、理論的に負け越しはなくなりますよね。

7:20 くらい 【3波の定義】
これ覚えておくと便利です。ただ、3波が1波より短いこともよくあります。そういう時は【3波を短くさせた要因はなんじゃろ?】としっかり言語化して考えると、よりチャート理解が深まると思います。具体的には、600MA(20MAから見た週足の移動平均線)付近だと上昇が抑えられてしまうので、いったん3波が伸び切らな型のダナ、とか。そう考えると、「あ、じゃあいったん抑えられてるけど、3波完成に向けてチャートはのちのち上昇するな。600MAを抜けたらロングでOKだな」などと判断できるようになるので、混乱が減りますし勝率は上がります。

14:30 くらい 【目線の決め方】
動画ではあくまで、波の見方の解説に絞っていますので、週足下目線っぽいと言っていますが、ここに下降トレンドラインを引くと、下降トレンドラインを直近でチョイと上抜けはじめているので、「上目線に転化するかな?」という見方も発生します。その辺動画では全然解説してませんねw。誤解生んだらスミマセン。

15:30 くらい 【波の数え方】
動画では、4波5波と数えていますが、あのケースでは通常「3の3波」と数える方が合理的だったりします。要は、「3波が1波分以上伸びていないので、まだ3波の途中で揉んでいるだけ。その後下落したらそれは5波ではなく、3波完成に向けて動いているんだな」という見方です。…って文字で書いてもヨーワカランですねw。3の3波については、今度別で動画を作ろうッと思います。

16:50 くらい 【上?下?どっちやねん】
ここもちょっと説明不足ですねスミマセン(;’∀’)日足上目線とか言ってますが、まあ間違いではないと思いますが、トレンドライン引くと最終ラインは下抜けているので、直近はむしろどっちかというと下目線ですね。この後トレンド崩壊について解説してるので勘違いは起きにくいと思いますが…

とりあえずここまで解説してみて、自分の動画の甘さにも気付けたので良い企画だったなあと思っているんですが、飽きたので唐突に終了w

動画の続きに関しては、↑こんな感じで「コイツ何言ってんねん」というツッコミもしながら楽しんで頂けますと幸いですw

分析を一緒に楽しみませんか

FXのLINEグループにいくつか入ったんですが、ファンダメンタルズトレーダーの方が多かったり、監視足がそれぞれ違うので会話が噛み合っていなかったりというチャットルームが多い気がしています。

4時間足をメインに監視しているテクニカルトレーダーだけが集まる場がナゼないんだろ?

という訳でチャットルームを作ってみましたw

オープンチャット「【FX】4時間足テクニカル分析好きの会」

「4時間足でテクニカル分析してる人達と分析の見せ合いっこしたいなー」と思っていらっしゃる方に参加してほしいです。

みんなで語り合い、みんなでレベルアップしていけたら最高だなーと思っています。

宜しくお願い致します。

SBI証券[旧イー・トレード証券]公式ページで資料請求する(無料)

SBI証券[旧イー・トレード証券]公式ページで資料請求する(無料)

=SBI証券のイイところ=

▼ネット証券口座開設数No.1(420万口座以上)
▼オリコン顧客満足度ランキング1位
▼業界屈指の格安手数料※2
▼国内株式個人売買代金シェアNo.1
▼NISA口座開設数 主要ネット証券No.1
▼外国株取扱国数 主要ネット証券No.1
▼SBI証券のアクティブプランなら、10万円以下の現物取引、信用取引ともに『手数料0円』
▼会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
▼夜の時間の問合わせが可能
(夜19:30まで営業)
▼初めての方には、口座開設からサポート