初心者 株・FXトレード

【スウィングトレードは効率良い】ユーロドル:ロングエントリー<FXトレード77>

グランビルの法則は元々週足しか無い時代に開発された理論なので、1時間足や4時間足より、日足週足などの大きな時間軸の方が信頼性高いんですよね。本来。

大きな時間足でトレードした方が、当然1勝あたりの稼ぎもBIGになる( *´艸`)

というわけで日足でスウィングロングトレードしてみました。

「1波が完全に発生すれば、押しからのロングで1波分以上の上昇をする」

これが、かの有名なチャールズ・ダウさんの理論です。

んで、1波発生の条件は
①ラス戻りを上抜ける事(画像赤丸)
②底値圏のチャートパターンのエネルギーの倍以上上抜ける事

①はバッチリクリア。

しかし、画像黒丸を世界のトレーダーが「Wボトムじゃ」と認識してしまうと、②の条件をクリアするためにはグレーの線(Wボトムエネルギーの2倍分)まで上昇しないと1波認定されないんですよね…

ただ、直近の反転上昇ポイントが、ラス押しのチョイ上(画像青丸)なんですよね。

ラス押しを下抜けると下落色濃厚になるのですが、その直前でバっと上昇したということは、「下落?拒否!」というチャートの意思表示に僕には見えました。

けっこう強めっぽいネックラインでの反転上昇になっているので、現在の上昇は3波認定なんじゃないかなーと思いロングした次第です。

さあどうなる。

SBI証券[旧イー・トレード証券]公式ページで資料請求する(無料)

SBI証券[旧イー・トレード証券]公式ページで資料請求する(無料)

=SBI証券のイイところ=

▼ネット証券口座開設数No.1(420万口座以上)
▼オリコン顧客満足度ランキング1位
▼業界屈指の格安手数料※2
▼国内株式個人売買代金シェアNo.1
▼NISA口座開設数 主要ネット証券No.1
▼外国株取扱国数 主要ネット証券No.1
▼SBI証券のアクティブプランなら、10万円以下の現物取引、信用取引ともに『手数料0円』
▼会員専用フリーコール(携帯からも通話料無料)
▼夜の時間の問合わせが可能
(夜19:30まで営業)
▼初めての方には、口座開設からサポート