労働力以外の商品を持とう

自分の時間を買ってみた【ベビーシッター依頼体験】

華麗なる社畜

雑談回です

1. ベビーシッター依頼=自分の時間を買うということ

ウチには2歳未満の娘がおります。

まだほぼ24時間、大人が見ていなければならない年ごろです。

奥さんと僕の時間を作るため、先日ベビーシッターさんを頼んでみました。

ベビーシッター代金は、4時間で5,000円でした。

これって・・・

1時間1,250円で、自由な時間を買った

ということですよね。

自分の時間を作るためにお金を使うのは、当然だし大切なことだ。

頭ではわかっているのですが、実際に自分の時間を買ってみると、けっこう震えました。

2.【収穫】時間が大切なものだと感じられました

購入した4時間で何をしていたかというと、ブログを書いたり、音楽を聴いたり、瞑想したり・・・。

特別なことをしたわけではないのですが、「お金を払って作った時間を過ごしている」という感覚は、新鮮でした。

また、自分の1時間あたりの価値を、上げていく努力をしていこう、という意識も持てました。

3.【まとめ】お金を払って代わりにやってもらうことのススメ

お子さんのいらっしゃらない方であれば家事手伝いとか、普段歩いている道をあえてタクシーに乗って移動するとか。

華麗なる社畜

自分の手間を、お金を払って他者に代行してもらうことで、自分の労力や時間の大切さを改めて認識できるので、オススメです。

アウトソーシングの大切さに関しては、有名なコチラの本に、分かりやすく書いてあります。

ABOUT ME
華麗なる社畜
30歳まで底辺プロミュージシャン。 全く売れず解散。 30歳から本格的にリーマン開始。 働きながら猛勉強の結果、 1年程で営業トップセールスとなる。 2社目の現在もトップセールス。 人事・総務部も支援し中小企業役員まで昇進。 ところが今更、 「労働力以外に商品を持たないリーマンは どこまで頑張っても社畜」 という悲しい事実にようやく気付く。 労働力以外の自分の商品を持つ為、 黒社畜救済情報の配信に思い至る。 (営業のみでなく、全業種への助言を配信中)