健康維持のための工夫

娘を学校へ行かせたくない【学校制度は工場労働者を作るだけ】

華麗なる社畜

今回は、雑談回です

しかし若干、穏やかならぬタイトルですね・・・(笑)

学校とは。

ウチには1歳9ヵ月の娘がいるのですが、学校には行かせたくないですねー。

小中高全ての学校に行かせたくない、と感じるくらいです(笑)。

なぜかと言うと

日本の学校とは、「周りに合わせ、おとなしく従うことを徹底して教え込み、長所を伸ばすよりも短所を埋めることをひたすら行う機関」であるという事に気付いてしまったからです。

華麗なる社畜

工場労働者として生きる事が幸せとされていた時代や、企業に就職すれば終身雇用で守られ安心だった頃には良い仕組みだったかもしれません。

でも・・・今はそんな時代ではありませんよね。

学校に洗脳されていました。

個性を殺したり、我慢を美徳として受け身で育ってしまうと、これからの時代、損しかしないと思いませんか?

現在の日本の学校という仕組みが、現代日本社会にはもう合わなくなってしまっていると感じます。

華麗なる社畜

僕は子供の頃、まさに型にハマった子だったので、真面目に勉強していました。

あまりに型にハマり過ぎていた為、中学生の頃に偏差値は72まで上がり、地域トップの有名公立高校に進学しました。

当時は結果的には、勉強で突き抜ける事が出来たので「とりあえずトップなら、やりたい事をやってもあまり文句は言われない」

という、トップになるまでやれば突然自由になれる実感は得ましたが、それでも個性を抑えられ、平均的に振る舞う様に日々調教されていた様に感じます。

営業マンとしてリーマン生活を始めた時も、幸いトップになれば比較的自由に振舞える、という事は知っていたので頑張れましたが、今思うと

「平均的なリーマン業界で極めるよりも、インターネットを使って独自の商品を持つ為の活動を行っておけば良かった」

と痛切に感じます。

リーマンを始めた頃の僕は、「まず平均的な、みんなが所属するステージでみんなと同じように活動しなければならない」という学校教育の洗脳に縛られていたということですね。

そのため、自分の商品を持つ事になど思いも寄らず、ひたすらリーマンとして極めることを、がんばってしまいました。

だから娘は、学校へ行かせたくない。

そんな自分を振り返り娘には、

やりたい事を、市場価値を持つ様になるまでトコトン打ち込み、楽しみ続けた方が楽しいし得

という事を、強く伝えたいんです。

そう考えた場合、今の学校教育は明らかにビミョーなんですよね。

華麗なる社畜

でも学校に行かせないと社会性が身に付かないのかなぁ…

などという不安感もほんの少しあり(世の中にはいっぱいコミュニティあるし、基本問題ないとは思っていますが・・・)、完全には踏み切れない状態です。

しかし同じ様に考える親御さん達は、既に相当数いらっしゃるだろうし今後増えることも見えています。

であれば

「学校に行かずとも子供が自分らしく、経済的にも不足無く生きていける様になるサービス」

華麗なる社畜

これを商品として作れれば、真に社会貢献が出来る上、収入も莫大に得られそう ?!

・・・と思っていたら、ホリエモンさんがゼロ高という既存の学校教育をブチ壊す民間団体を作ると!!

これは凄い・・・

華麗なる社畜

本質論最強且つ超行動家のホリエモンさん・・・流石!!

娘は小学校からココに入れる !!

(小学校からはさすがに無理なのかな?笑)

洗脳にゆがんだ脳をパッと覚ましてくれる一冊です

ABOUT ME
華麗なる社畜
30歳まで底辺プロミュージシャン。 全く売れず解散。 30歳から本格的にリーマン開始。 働きながら猛勉強の結果、 1年程で営業トップセールスとなる。 2社目の現在もトップセールス。 人事・総務部も支援し中小企業役員まで昇進。 ところが今更、 「労働力以外に商品を持たないリーマンは どこまで頑張っても社畜」 という悲しい事実にようやく気付く。 労働力以外の自分の商品を持つ為、 黒社畜救済情報の配信に思い至る。 (営業のみでなく、全業種への助言を配信中)