ブラック労働者を脱出する方法

バカとつき合うな ~学校を盲信するバカ~

華麗なる社畜
華麗なる社畜
引き続き堀江貴文さんと西野亮廣さんの「バカとつき合うな」のレポートです(^^)/

学校を盲信するバカ

学校は、「従順な我慢体質」を刷り込むための機関である、と堀江貴文さんは仰っています。

学校による我慢体質の刷り込み

・毎日同じ時間に登下校すること

・席について、黙って授業を聞き続けること

・必要性を感じられない課題でも我慢してやること

こうして従うことと我慢が得意な子を選別・育成している と。

うーむ確かに。

華麗なる社畜
華麗なる社畜
僕も中学生までは優等生でしたが、思い返すとかなり洗脳されていました…

昔は、兵隊や工場労働者が沢山必要だったので、命令に従順な人材の価値は高かったと思いますが、今はITがどんどん発達してきているので、従うことが得意なだけの人は、最初にAIに取って代わられてしまいますよね。

華麗なる社畜
華麗なる社畜
ウチには2歳の娘がいるのですが、奥さんも僕も、娘を学校に行かせずに済む方法を日々考えています。

皆さんは、どのようにお考えでしょうか。

ABOUT ME
華麗なる社畜
30歳まで底辺プロミュージシャン。 全く売れず解散。 30歳から本格的にリーマン開始。 働きながら猛勉強の結果、 1年程で営業トップセールスとなる。 2社目の現在もトップセールス。 人事・総務部も支援し中小企業役員まで昇進。 ところが今更、 「労働力以外に商品を持たないリーマンは どこまで頑張っても社畜」 という悲しい事実にようやく気付く。 労働力以外の自分の商品を持つ為、 黒社畜救済情報の配信に思い至る。 (営業のみでなく、全業種への助言を配信中)