ブラック労働者を脱出する方法

嫉妬を効率的に利用するためのコツ

今日のテーマは、「嫉妬の本質とその利用方法について」です。

 

嫉妬を「利用」するんですか ?

はい。嫉妬は、物凄く「使える」感情なんですよ。

 

使える感情・・・ ? 気になります ! 教えてください !!  

嫉妬の正体

「嫉妬」とは、どういう感情なのでしょうか ?

「嫉妬」のGoogle検索結果

①やきもち。

②他人が自分より恵まれていたり、すぐれていることに対して、うらやみねたむこと。

③自分の愛する者の愛情が他に向くのを恨み憎むこと。

つまり嫉妬とは、「あなたが【なりたい人】に対して(まだなれていないので)羨ましいと思う気持ちのこと」と言えば、だいたい①②③を網羅していますかね。

嫉妬相手を叩くのはナンセンス

職場で陰口を言っている人、ネット上で芸能人やお金持ちを叩いている方をよく見かけますが、これは言っている方が損をしてしまっています。

嫉妬2叩き.jpg

陰口を言ってしまったり、著名人を叩いてしまうのは「相手の境遇を羨ましい」と強く思っているからです。

つまり、陰口を言ってしまう相手というのは「あなたがなりたいと思っている人」なのです。

なのにその相手を叩くということは「なりたい自分を自分で否定してしまっている」ということです。

これは不健康ですよね。

 

だから陰口や著名人叩きは、やめた方が良いのです。

嫉妬とどう付き合えば良いか

嫉妬している相手を認め、素直に嫉妬相手の様な人間になりたいとまず認める事が大切です。

嫉妬している相手がお金持ちだったら、素直に自分もお金が欲しいとまず認めましょう。

「使えない嫉妬」もある ?

「高身長者への嫉妬」など、現代の科学では解決しにくい対象を羨ましいと思ってしまっている場合は、諦めるしかないと思いますか?

たしかに、どんなに羨ましいと思っても手に入らないものは沢山あります。

そういうモノを欲しいと思ってしまった人は、諦めるしかないのでしょうか ?

 

そんなことはありません

「高身長者への嫉妬」の例で言えば、「なぜ高身長になりたいのか ? 」を考えれば解決します。

「高身長な人は、モテるから羨ましい」と思っているのであれば、身長を伸ばさなくともモテるようになれば解決しますよね。

 

モテるようになるための道は、身長を伸ばすことだけではありませんよね。

といった感じで、「嫉妬している理由」をしっかり考えれば、嫉妬相手が現実に存在している時点で、必ず具体化できることになります。

(あなたが欲しいと思っている要素は、空想のモノではなく、現実に存在している嫉妬相手が「持っている」要素だからです)

嫉妬という感情の利用方法

 

ここが一番大切な部分ですね。

!! 超重要 !!

「自分が本当に欲しがっているものはなにか」が分からなかった人も、嫉妬をしっかり考えれば「自分の願望が何なのか」をハッキリさせることができます。

あとは、自分の願望を叶える為の最適な方法を考え、実行するだけです!

嫉妬4実行.jpg

また、嫉妬のおかげで「願望を叶える為に不要・無駄なこと」も明らかにすることができます。

どういうこと?

例えば、「高身長でお金持ちなAさんに嫉妬している」とします。

 

ここで、なんとなくAさんを羨ましいと思い続けるのではなく、「Aさんの何に嫉妬しているのか」と考えることが大切です。

Aさんがモテているから羨ましいのであれば、あなたは高身長にもお金持ちにもなる必要はありません

モテるようになる方法だけを考えればよいので、「高身長」と「お金持ち」はあなたにとって「不要・無駄なこと」になりますよね。

そうやって、

これは不要な努力だからなくして、その分、本当に欲しいモノを手に入れるための時間にあてよう

という判断ができるのも、嫉妬の大きな利点です。

本当に嫉妬している対象は、何か

繰り返しになりますが、「あなたが本当に嫉妬している対象は何か」を明確化していく事が大切です。

例えばあなたが「お金持ち」に嫉妬していたとしても、世のお金持ち全員に嫉妬はしていないかもしれません。

 

その場合、あなたはお金持ちになりたい訳ではありません

例えば、毎日忙しそうな金持ち社長と、仕事もせず毎日優雅に暮らしているお金持ち投資家。

もしあなたが社長を羨ましいと思わず、投資家を羨ましいと思うのであれば、あなたはお金が欲しいのではなく「仕事せず毎日優雅に暮らしたい」と思っている、という事ですよね。

嫉妬5選択.jpg

そうやって、「自分の本当の願望は何なのか」という事を探る為に、嫉妬という感情を最大限利用してしまいましょう。

そして自分の願望がハッキリしたら、嫉妬相手を叩くのではなく素直に羨ましいと思い、それを人に言うのを恥ずかしいと思ったりしないことがとても大切です。たとえば、

華麗なる社畜

僕は今、ブログやVoicyで有名なイケハヤさんやサウザーさんを、凄く羨ましいと思っていて、彼らみたいになりたいと思ってます。

こんな感じで隠さずに、自分の願望を言うようにしましょう。

ちなみにイケハヤさんやサウザーさんって、どんなポジションの人?

①部署や役職など対人のしがらみもなく

②労働力以外の自分の商品を持てていて

③世に影響を与えられる意見を発信できるポジション

こういう方、メッチャ羨ましくないですか ?

誰かを心底羨ましいと思えて、その人に近づく為の努力を楽しんで出来るというのは、素晴らしい事だと思います。

 

自分のやりたい事がイマイチ分からないという方は、まず嫉妬を上手く利用してなりたい自分を見つけましょう。

ABOUT ME
華麗なる社畜
30歳まで底辺プロミュージシャン。 全く売れず解散。 30歳から本格的にリーマン開始。 働きながら猛勉強の結果、 1年程で営業トップセールスとなる。 2社目の現在もトップセールス。 人事・総務部も支援し中小企業役員まで昇進。 ところが今更、 「労働力以外に商品を持たないリーマンは どこまで頑張っても社畜」 という悲しい事実にようやく気付く。 労働力以外の自分の商品を持つ為、 黒社畜救済情報の配信に思い至る。 (営業のみでなく、全業種への助言を配信中)